女性

医療事務講座で学ぶとスムーズに仕事ができる

体の専門家である職種

女の人

高齢化による問題が懸念される中、それに関連する仕事においては需要が高いため職に困る心配が少なくなると言え、柔道整復師もその一つでしょう。独立開業もできる職種ですが、資格取得後にすぐに開業するのは様々な面で注意が必要です。

View Detail

医療事務資格

ウーマン

医療事務で出来ること

よく耳にするようになった医療事務の資格ですが、これは医療機関でレセプトと呼ばれる請求書類を正しく作成するための知識があるかどうかを示すための資格です。保険証を発行している先に医療費を請求するための用紙、請求書を作成するための技術について、しっかりとした知識を持っているかどうかで、医療機関の収入に関わってきます。したがって、こうした民間の資格が生まれてきたわけです。資格が生まれてきたということは、それを教える専門学校なども誕生し、多くの医療事務講座が開設されています。更にハローワークなどでも、こうした医療事務講座で学べるように段取りをしているケースも出てきています。取得者は女性が多く、医療事務で就労したい人にとっては学んでおいて損はありません。

医療事務は共通するもの

医療機関ではそれぞれ診療科目が異なります。大病院などでは一括りにしているケースもありますが、診療所などでは特定の診療科目だけというケースもあるでしょう。いずれにしても、医療事務講座で学んだことは、他の医療機関でも生かせるという点です。診療報酬のルールが変更になったとしても。言葉などは同じような言い回しになっています。つまり、医療事務講座で学んだことをそのまま流用すれば、制度が変わってもそのまま使用できるわけです。専門学校等で学んだりあるいは独学で学んだことが、そのまま使用できるということで、非常に魅力的な資格の一つになっています。今後も医療機関にあっては、この資格を有する人を優先的に採用をする傾向にあると考えられています。

奥が深い仕事

案内男性

事故や病気で手足の機能を失ったり低下したときに、手足の代わりをする義肢や装具を製作する仕事が義肢装具士です。基秀装具士になるのは国家試験に合格する必要があります。義肢装具士になるには幾つかのルートがありますが、最も多いのが高校卒業後義肢装具士専門学校で3年間学んで試験に受かることです。

View Detail

いま注目を集めてます

ノートとペン

日本に、メンタルヘルスという言葉が定着してから久しいですが、様々な理由から心を病む方が増える一方で止まる気配はありません。そんな中、注目を集めているのが心理カウンセラーです。相談者の悩みをじっくりと聞くことによって、相談者が問題に前向きに取り組めるようにサポートする存在が心理カウンセラーです。

View Detail