ウーマン

医療事務講座で学ぶとスムーズに仕事ができる

奥が深い仕事

案内男性

人口の手足を製作

普段何気なく生活していて手足が動いているのは当たり前の感覚になっていますが、もし事故や病気などで手足の機能を失ったり低下したら、健康であることのありがたみを心から感じるものです。そんな手足に障害が発生してたり機能が衰えたりした場合に、身体にうまく適した義肢を製作して社会に貢献する人たちが義肢装具士なのです。義肢は手足の代わりをするもので装具は衰えた機能を補助する役割を果たすものなので、どれだけ使用する人のニーズに応えることができるかが重要なのです。使用する人に満足して使ってもらうためには、必ずしも高度な機能を持つ義肢や装具である必要はなく、身体に違和感なくフィットするものを製作することが必要なのです。そのため義肢装具士は患者の意図をくみ取る高いコミュニケーション能力も要ります。

資格を取得する

義肢装具士は技術職でありますが実際に使用する人の身体の採寸のみならず、リハビリを担当する理学療法士や医師と連携して仕事することになります。そのため義肢や装具の知識だけでなく医療やリハビリの知識も重要です。義肢装具士になるには国家試験に合格して、義肢装具士の資格を取得することが必要となります。資格取得には高校卒業して義肢装具士専門学校で3年間学習するか、大学や短大で指定科目を1年以上履修したあとに2年以上養成機関で学習する、または法律に基づき技能検定試験に合格して1年以上養成機関で学習するかのルートがあります。義肢装具士を目指す人の中で最も多いのが義肢装具士専門学校に通うことですが、入学してもしっかり勉強しないと国家試験に合格することはできないのです。そして試験に合格すると義肢装具士製作会社に就職することになります。