ウーマン

医療事務講座で学ぶとスムーズに仕事ができる

いま注目を集めてます

ノートとペン

心の病のプロ

心理カウンセラーとは、簡単には言うと悩みを持っている方をサポートする仕事です。似たような職業に精神科医がありますが、精神科医よりも気軽に相談できると、利用者から人気を集めているようです。心理カウンセラーは、カウンセリングを通じて、相談者の悩みをじっくりと聞き、その人に最適な解決法を見つけることが主な仕事になります。相談者の悩みをじっくりと聞くことによって、相談者自身の気持ちが軽くなり、問題に対して前向きに取り組めるようになることが理想的です。日本に、メンタルヘルスという言葉が定着してから久しいですが、様々な理由から心を病む方が増える一方で止まる気配はありません。心の病は、姿形が見えず、罹患している本人ですら病んでいることに、気がついていないケースも少なくありません。そこで、病院に行くほどではないけれども、ちょっとおかしいなと思った方が、ぜひ活用したいのが心理カウンセラーです。

どのようになるのでしょう

実は心理カウンセラーという資格はありません。心理カウンセラーとして活動するには、メンタルケアカウンセラーや臨床心理士、精神保健福祉士、また産業カウンセラーや認定心理士、学校心理士に認定カウンセラー、家族相談士、それから交流分析士や心理相談員などの資格を取得する必要があります。これらの資格は、専門学校や大学などの専修過程で取得することが出来ます。また、臨床心理士の資格は今後、国家資格として認定される可能性もあり、きちんとした教育現場で知識や技術を習得する必要があります。そしていま、注目を集めている心理カウンセラーですが、活躍の場がどんどん広がっています。具体的には、次のような活躍の場があります。学校、教育センターなどの教育機関大学、大学院などの研究機関保健所などの福祉機関病院、クリニックなどの医療機関開業など様々な分野で、様々な形で活躍しています。